空気の衛生管理にオゾンの力
園生活の中で私たちができること…綺麗な環境
オゾンは大気中に自然に存在し、大気を自浄する働き
(消臭・脱色)をしています。
日差しの強い海岸などでは0.03〜0.06ppm、森林では
0.05〜0.08の濃度が観測されています。

オゾンは基本的に目で確認できませんが、臭いとして確認
することができます。森林などの爽やかな空気にはオゾン
が含まれているのです。

オゾンの強い酸性力は、除菌や消臭において、その威力を
発揮します。細菌や悪臭物質の成分の多くは、酸素原子
と非常に反応が速いので、オゾンによる殺菌・消臭はとても
効果的なのです。

芳香剤のように、悪臭を一時的に閉じ込めるのではなく、
悪臭を元から断つので、臭いが元に戻ることはありません。
もちろん、二次公害に繋がる有害な物質を出す心配も
一切ありません。オゾンは強力な除菌・消臭力を持ちながら
環境に限りなく優しい物質といえるでしょう。
-------エアエッセンスWebサイトより-------

詳しくは こちら

戻る